過払い金返還請求とは?

最近CMでもよく聞く、過払い金返還請求ですが、これは「払いすぎた利息を返還してもらえるようにする手続き」のことです。

払いすぎた利息とはどういうことかと言うと、利息制限法と出資法が両方存在していた時代に、そのそれぞれが利息の上限を定めていたのですが、利息制限法は20%、出資法は29.2%とそれぞれの上限値が異なっていました。 貸金業者としては利息を沢山取って儲けを出したいのですから、限りなく出資法の29.2%に近い利率を設定し、借主から利息を取っていました。 利息制限法の20%と出資法の29.2%の間の利率で定められた金利を「グレーゾーン金利」と言います。よく聞く言葉ですよね。

ですが2010年に法律が見直され、利息制限法の20%が上限と定められました。そしてグレーゾーン金利で支払っていた利息は違法であり無効でるとの判決が出たので、貸金業者から返還してもらえるということになったのです。グレーゾーン金利で支払っていた利息は「払い過ぎていたお金=過払い金」ということになったのです。支払わなくても良い利率で利息を支払っていたのですから、返してもらうのは当然の権利ですよね。

こうして過払い金返還請求をして、払い過ぎていたお金を取り戻そうという制度が生まれたのです。

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

過払い金返還請求のメリット
過払い金返還請求のデメリット
誰でも過払い金返還請求ができるの?
過払い金返還請求をしたらブラックリストに載るのか?クレジットカードは作れるの?

任意整理について

過払い金返還請求について

おすすめ情報

↑ PAGE TOP